スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜の工場爆発 2年前にも事故、「安全管理は…」恐怖と怒り (産経新聞)

 天井が吹き飛び、まっ赤な炎が工場を包んだ-。横浜市金沢区の日本カーリット(東京)の横浜工場で7日夕、従業員ら8人が負傷した爆発事故。爆風により、付近の工場のガラスが割れるなど大きな被害が出た。以前にも爆発事故があった工場に、付近で働く人らは「安全管理はどうなっているのか」と怒りをあらわにした。

  [フォト]爆風で吹き飛んだ工場

 「ドーン」。爆発音がしたのは午後5時45分ごろ。当時、系列会社からの派遣で工場の敷地内にいたという男性(44)は、「帰ろうとして門まで来たときに、爆発音が聞こえた。とっさに植え込みの近くにしゃがみ込んで、かばんで頭を覆った。恐怖を感じた」と青ざめた表情で話した。

 工場付近を多くの消防車が取り囲んで懸命に消火活動にあたったが、再度の爆発の恐れもあり敷地外からの放水が続けられ、約2時間半後にほぼ鎮火した。全焼した建物は骨組みだけになった。

 近くの工場の男性(41)は「会社の窓がオレンジ色になったので、外を見たら大きな火柱が上がっていた。ドカーンという音の後に、爆風が吹き、大きながれきが飛んできて工場の窓ガラスを割った。車にも当たった」と生々しく語った。

 同工場は平成20年にも2人が死傷する爆発事故が発生しており、近くで働く男性(40)は「一昨年にも爆発があって、また事故があるなんて安全管理についてどう考えているのか」と憤った。

【関連記事】
横浜市の工場爆発の軽傷者は8人に
横浜市金沢区の工場で爆発 以前にも死亡事故
化学工場爆発事故 事業所長、タンク穴開け作業を了承
化学工場で爆発、死者4人 大阪・東三国、タンク切断中に引火か
工場爆発、近くの男性死亡 日本電波工業の米国子会社

ちろうのブログ
カメラマンのお仕事
いつでも、元気なサラリーマンです。
ひろゆきのブログ
2010年シェイプアップ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。